メニュー表示

会長 Diary

教育への思いを徒然につづった日記帳

1069人の残留日本人

12月1日(日)、もう12月になってしまった!

この数日は、ほんとうに寒い。天気がよくて布団を干しても、取り入れるときは少しヒンヤリしている感じだ。

 

タイトルの1069人、11月30日の新聞記事によると、これはフィリピンにいる残留日本人の数だ。(わかっているだけで)

戦争のあと取り残された子どもたちは、無国籍のままで、その存在が認められないまま放置されてきた。

家も、仕事も不安定なままで生きてきた。

そのことに関する日本政府の対応は、「政府に担当部署が無く取り扱えない」ということらしい。

エッ! 無いのならつくればいいじゃないか。(私の心のことば)

そして、このことが国際的に非難されているようだ。

フィリピン以外の国にも・・・。(おそらく)

無責任だ。戦争責任の上からも、人道的にもあってはならない。

想像して、心が痛い。

 

そういえば、日本の難民認定率を知っていますか?

2018年、難民申請は10493人で、認定は42人。難民認定率0.4%。

これは相当に低い数値です。

あわせて考えてもらいたいと思いました。

 

わが家の大問題のほうですが、嚥下(飲み込み)がだめで心配な状態です。そのリハビリができる病院を模索中です。本人の体力との勝負です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


«  | 記事一覧 |